お風呂と私

一日の疲れはお風呂で解消

 


お風呂は一日の疲れを取ること、ストレス解消、癒しの時間、物事を冷静に考える時間だと思っています。

 

 

家族の入浴の順番に特にこだわりはありませんが、なるべく私は夜の8時から9時の間には入るよう心がけています。

 

 

夏場はサッと汗を流すだけでも良いと考えていましたが、熱中症予防や体のために半身浴ができる深さの湯は張ることにしました。

 

この時、湯船に浸かるか浸からないかで入浴後の体の状態が違うことはハッキリと分かっていますのでこれは毎年、続けていこうと思っています。

 

 

シーズンで変わる入浴のコダワリ

 

冬はもちろん湯船に浸かります。

 

ですが、湯船に浸かる前に必ず体を洗います。

 

これは昔からの習慣であり、それがマナーだと思っているのでこのことについて何か考えたことはありません。

 

 

夏も冬もどちらも入浴剤を使用しています。

 

翌朝の洗濯にも使用できるものを選んでいます。

 

気に入っている入浴剤は特にこれといったものはありませんが、バスロマンとバブは入浴剤のキングだと思っています。

 

温浴効果はもちろん、癒しの香りが格別です。

 

 

母のお風呂のコダワリ

 


それから、これは母のこだわりなのですが、母は森林浴系の香りがあまり得意ではありません。

 

入浴剤を選ぶ時もゆずやラベンダーなどを好むので当然、その類の入浴剤を選びます。

 

私はどんなものでも大丈夫なので、母のこだわりを優先しています。

 

 

また、湯船に浸かった時は必ずマッサージを行います。

 

足のむくみを取り、足痩せの効果を狙うことと、温浴効果に努めるためです。

 

 

そして、時々ではありますがリラックス効果を高めるために防水した携帯音楽プレーヤーで気に入りの音楽を聴いています。

 

 

眠い時などには入ることが億劫になることもあるお風呂ですが、毎日の習慣であり、また、日々の生活に欠かせない重要なエッセンスです。

 

今夜も楽しいお風呂でありますようにと、思います。

 


このページの先頭へ戻る